ios9はパスコードが4桁から6桁に…忘れた時の悲惨さを今から伝えておこう

パスコードはiPhoneのロック画面を解除する際のコード。現状のios8までは通常の設定で4桁。設定によってが数字以外の文字を含む4桁以上の設定もできる。

 

それがios9になると、通常の設定で6桁のパスコード設定を求められるということになりそうだ。

これはTouchIDを搭載した機種に限られ、もちろん設定次第では4桁のパスコードにも変更できるという。

 

しかし、Appleのやることである。もしかしたら、あたかも6桁しか設定できないという印象を与えかねない仕様になる可能性がある。

 

え、6桁じゃなきゃだめなの?と言って、いままで4桁だったパスコードを無理に6桁にしたら人にはどんな結末が待っているのか?

 

そう、パスコードを忘れてしまうのである。

 

パスコードを忘れるとどうなるのか?

 

それは、初期化。これ以外に無い。

 

連絡先、写真、すべて問答無用で初期化し、購入時の状態に戻すしか解決方法がなくなってしまう。

Photo 1 10

そんな失敗はしないと思い込んでいるあなたへ

 

普段、指紋認証に頼ってばかりでパスコードは覚えていないという人もいる。また覚えているつもりでもいざとなったら思い出せないという人が絶対に出てくる。

 

どんな時にパスコードを使うのか?

 

iPhoneを再起動した時だ。一旦、シャットダウンすると「再起動後はパスコードの入力が必要です」となり、指紋認証が使えなくなる。また、Siriも使えなくなる。

 

6桁のパスコードを求められる機会なんて他にない。ATMの暗証番号も4桁だし、6桁の数字を入力する機会が日常生活のなかで思い当たらない。

 

よって、パスコードがわからなくなって初期化するユーザーが続出するだろう。これは結構キケンなことである…