ios9.1にアップデート。FaceTimeカメラでフラッシュのオンオフが切り替えられるように

しばらくほったらかしにしていたiosのアップデート。
ポップアップでやたらと「アップデートしてください」と通知が鬱陶しかったので、ついにアップデートしました。

 

Livephotoがどうのこうのとか、絵文字が150個も追加されたとかどうでもいい内容かと思っていました。
しかし、思わぬ恩恵があったんですね。

 

FaceTimeカメラでフラッシュのオンオフが切り替えられるようになった

 

FaceTimeカメラとは要するに、自撮りする方のカメラ。

 

これはiPhone6sシリーズに限った話ですが、6s/6sPlusではFaceTimeカメラでもフラッシュが使えます。
Retinaフラッシュというもので、もうそのまんまiPhoneのRetinaディスプレイが全面フラッシュするというもの。

 

これをすごく眩しいし、フラッシュは普段使わないのでオンオフするのが面倒でした。
というのも、Retinaフラッシュをオフにするためには、iSightカメラ(背面カメラ)の状態でしか操作できなかったのです。

 

それがios9.1で解決。FaceTimeカメラでもオンオフがしっかり切り替えられるようになりました。

 

こういう細かい使いやすさをアップデートしてくれのは嬉しいところですね。