【iphone】電話がかかってこない、着信音がならない、勝手に不在着信になる。それ、おやすみモードです。


iPhoneを使っていて、電話がかかってこない、着信音がならない、勝手に不在着信になる。でも普通に着信するときもある。それはあなたのiPhoneがおやすみモードなっているのです。

おやすみモードって何?

iPhoneの画面をよーく見てください。

Photo 671


画面の上に三日月のマークが出ていたらiPhoneがおやすみモードという状態になっています。

おやすみモードとは自分が寝ているから、うるさくしないほしい時に使う機能です。この状態では誰からも、電話がかかってきません。

しかし、初期設定では3分以内に2度目の着信があると、iPhoneが緊急だと判断し着信音を鳴らす仕組みになっています。

こういう仕組みで着信がされなかったり、普通にかかったり、相手からすぐ留守電になるよとか言われたりするわけです。

 

解除する方法
では、どうしておやすみモードになてしまったのか、解除する方法を教えます。

まずこうしたおやすみモードになってしまった原因ですが、ios7からの新機能であるコントロールセンターにあります。iPhone5s、5cからiPhoneを使い始めた方は最初からこの機能がついています。

ホームボタンの付近から画面の上方向に指をなぞるとコントロールセンターが出現します。

 Photo 672

解除の方法は簡単です。

コントロールセンターを出し、上部の右から2番目、三日月のマークをタップすればオン/オフが切り替わります。白くなっている時がオンで黒くなったらオフです。

意図しない操作で時々こうした画面になったことはありませんか?iPhoneを使い慣れていないとなんだろうこれ?と思ったりするはずです。

このコントロールセンターでおやすみモードをオン/オフすることが出来るので、知

らぬ間に指が触れ、おやすみモードを設定してしまっていることが一番の原因でしょう。

もしくはアプリの「設定」を開き「おやすみモード」をオン/オフすることもできます。

 Photo 674

設定を開きトップ画面におやすみモードは表示されます。

Photo 675

緑になているとオン、ボタンをタップして白くなればオフです。

この「おやすみモード」をうまく使えば、誰からも電話をかけて欲しくない時に静かに過ごせます。機内モードにするという手もありますが、例えばネットの閲覧はしたい、ゲームに集中したいが通信が必要、そんなときに役立つ機能です。機内モードでもWi-Fiだけつながるようににはできますが。

また設定で簡単に、おやすみモードでも指定した相手からは着信出来るようにすることができます。

いすれにせよ、iphoneに電話がかかってこない、着信音がならない、勝手に不在着信になる、という問題はこれで解決します。

おやすみモードも、音楽の再生やWi-Fi、Bluetoothのオン/オフ、カメラ、タイマー、電卓の起動などが出来きるので、iPhoneをより便利に使える機能となっています。

しかし、コントロールセンターという機能自体を完全に使わなくすることは出来ません。これは慣れて、操作を覚えるしかないことなのです。