【iPhone】キーボードの音声入力いらない?なら、siriをオフにすれば消せます

iPhoneのキーボードで邪魔なものといえば、そう音声入力ですよね!?個人的には完全に邪魔な存在です。

キーボードの種類を変えようとするときにいちいち指が触れてしまって、音声入力が起動してしまうことがあるからです。この記事では音声入力を誤って起動させない方法を紹介します。

 

追記(2014/10/21):ios8.1からの変更、「設定」→「一般」→「キーボード」から音声入力のオンオフが可能になりました。SiriはオンのままでもOKです。

Photo 942

 

このうっとうしい機能を無くす唯一の方法は、「Siri」を使わないように設定を変更することです。

ちなみにSiriとは音声で話しかけることにより、ウェブでの検索やiPhoneに操作を手伝ってくれる機能です。

 

Siriをオフにしてキーボードの音声入力を無くす方法

 

まずは、「設定」を押して下さい。

 

Photo 943 1

一般を選択して下さい。

 

Photo 944

Siriを選択。

 

Photo 945

ここでSiriをオフにします。

 

Photo 947

この状態になれば完了です。一般を押して戻って下さい。

 

Photo 948

このように音声入力のボタンは消えます。

 

これで間違って音声入力を起動させることはなくなります。

 

まとめ

音声入力は使えば便利かもしれませんが、日本人だと絵文字や英語(qwerty)に切り替えたり、とキーボードの切り替えは頻繁に行います。なので、現状では音声入力のボタンの位置がご操作を生みやすい、と言えると思います。

 

今後、Appleがキーボードの改善を行ってくれるのを期待しています。

とはいっても、自分は滑舌が悪いので音声入力なんて使い物にならないんですけどね。