【iPhone】icloudバックアップできない 容量の問題を解決する方法

iPhoneのバックアップ方法、「icloudバックアップ」の容量の問題を解決する方法を紹介します。iCloudバックアップができないのはほとんどが容量が不足している状態になっています。

 

iPhoneに時々こんな表示がされていますか?英語で書かれていますが、意味はこんな感じです。「このiPhoneはiCloudストレージに十分な空き容量がないため、バックアップが作成できません。設置により、ストレージを管理することができます。」

Photo 915 1

 

なぜAppleは、ここだけ未だ日本語対応しないのか謎ですが…

 

この問題を解決するには2つの方法があります。
決して難しいことではありませんので安心して下さい。

 

簡単に言うと…
iCloudのストレージ容量(データを保管出来る容量)は5GBと決まっています。この5GB以内にデータ容量を抑えるか、もしくは有料でストレージ容量を増やすかという2択になります。

 

 

1.iPhoneに入っているデータの容量を減らす。

 

まずは、自分のiPhoneが何のデータに容量を使っているか確認することから始めましょう。

以下の手順で確認ができます。

「設定」→「iCloud」と進んで下さい。

 

IMG 4167

「ストレージとバックアップ」 を選択。

 

IMG 4168

「ストレージを管理」を選択。

 

IMG 4169

「このiPhone」を選択

 

IMG 4172

次回作成時のサイズを見て下さい。ここの数字5GB以上あると、バックアップを作成できません。よってこの次回作成時のサイズを5GB以下に抑えればバックアップができるということになります。

 

多くの方の場合、「カメラロール」という項目が一番上に表示されていることでしょう。つまり、写真や動画で容量をたくさん使ってしまっているということです。

 

iPhoneの「写真」アプリを開き、不要な画像や動画を1つづつ選択し削除しましょう。これしか方法がありません。

 

また、下に表示されているアプリのデータの削除することができます。右のボタンで押して「オフにして削除」とすればバックアップデータに含まれなくなります。

 

ただし、多くのアプリのデータは単位がMB(メガバイト)です。上の画像のようにiCloudバックパックの容量がいっぱいになっている場合、カメラロールの容量はGB(ギガバイト)になっているはずです。ギガはメガの約1,000倍の単位ですので、アプリを消してもバックパック容量をはなかなか減らないです。

不要なデータを消した後、次回作成時のバックアップ容量が計算されるので、少し待ちます。
5GB以下になればバックアップ可能となり、警告のアイコンがなくなります。

 

この画像の場合、次回作成時サイズが6GBなので、あと1GBのデータを削除しなければなりません。

同じ手順で次回作成時サイズを確認し、5GB以下になったらバックアップを開始しましょう。

 

補足として、iPhoneを過去にも所有していたり、複数台、もしくはiPadなども持っていて、iCloudアカウントを統一している場合の話をします。

 

この場合、下の写真のようにそれぞれのバックアップデータが存在し、それがiCloudバックアップの容量を占めていることがあります。アカウント1つにつき5GBですので、他のiosデバイスのバックアップデータがあるとどうしても5GBでは足りなくなります。

 

もし不要なiosデバイスのデータがあるなら、デバイスを選択し「バックアップを削除」し、ストレージの「空き」を増やすこともできます。それだけで、容量の問題が解決する場合もあると思いますので参考にして下さい。

 

2.容量を購入する

 

iCloudは無料で5GBの容量がありますが、追加の容量を有料で増やすことが出来ます。

IMG 4167

「設定」→「iCloud」と進み、「ストレージとバックアップ」を選択して下さい。

 

IMG 4168

「ストレージプランを変更」を選択。

 

Photo 917

 

10GB=2000円/年
無料分の5GBと合わせて15GBのデータがバックアップ可能

20GB=4000円/年
無料分と5GBと合わせて25GBのデータがバックアップ可能

50GB=10,000円/年
無料分の5GBと合わせて55GBのデータがバックアップ可能

 

追記(2014/10/21):2014年9月からストレージプランが変更されています。20GBが月額100円から申し込めるようになりました。

私は2,000円/年で10GBのプランを選択しましたが、現在自動的に100円/月の20GBプランに変更されていました。

 

自分のデータ容量に合わせてプランを選択して下さい。

 

Photo 920

プランを選択するとすぐにこの画面になりました。

 

クレジットカードが登録してあれば、AppleIDのパスワードを入力するだけで決済は完了します。ストレージプランの変更を行わない限り、毎年お金が請求されます。

 

Photo 921

パスワードを入力するともう決済が完了。

 

Photo 922

購入が完了してしまいました。

 

お金がかかるのが問題ですが、iCloudバックアップはWi-Fi接続+充電している状態であれば、1日一回自動的にバックアップ作成してくれます。この便利さや、緊急でバックアップが必要となった場合、自分の写真や動画、連絡先のデータがどれほど重要なのか、天秤にかけてみるしかありません。

 

まとめ

別にiCloudバックアップなんていらない、ということであれば、バックアップ機能をオフにすることで、英語のNot Enough…といううっとうしい警告分が表示されなくなります。

 

そもそもiCloudバックアップは連絡先や写真など携帯電話を使う上で重要なデータに関してバックアップするのはもちろん、iPhoneの設定(壁紙、文字のサイズなど)やアプリの配置などをバックアップしてくれます。(携帯会社のメール、i.softbank.jp、ezweb.ne.jp、docomo.ne.jpは復元時に再度設定する必要があります。メールアドレスは同じものが使えます。またアプリによってはiCloudバックアップに対応しておらず、内容が消える場合があります。)

 

iCloudバックアップはWi-Fi接続+充電している状態であれば、1日一回自動的にバックアップ作成してくれます。(初回のみ手動で「今すぐバックアップ」というボタンを押さなければなりません。)

 

iCloudなんて普段はよくわからずかまっていない方も多いと思いますが、故障してしまった時や、機種変更する際などバックアップを既にとってあると何かと便利です。iPhoneはSDカードなどには対応しておらず、パソコンを持っていない場合はiCloudを頼ることになりますので、是非活用してみて下さい。