WiMAX契約したら注意!購入後に解約しないといけないオプションの解約方法

2014年4月からWiMAXを契約しましたが、契約時にどうしてもついてくるオプションがありました。しかも2つ。初月は無料で次月以降に料金が発生し、自分でいらなかったら解約してくださいという例のヤツです。さっそく解約したので、今回はその解約方法の手順を書いていきます。

まず、僕が”自動的に”契約したオプションは以下の2つ。

 

eBookJapan 雑誌購読月額プラン

月額:1,067円

なんか雑誌とかの電子書籍が読めるサービス?

自分には不要でした。

 

U-NEXT ビデオ見放題サービス

月額:1,990円

アニメやドラマなどの動画配信サービス。こちらも不要。

 

2つ合わせると、3,057円。放っおいたら次月からこんなに請求されると思うとぞっとしますね。

 

解約手順

受付番号というものが必要となります。僕は電話で申し込んだので、UQお客様サポートから送られてきた「新規お申込み手続き完了のご案内」というメールに記載されていました。

 

解約の手続きはMyUQにアクセスして行います。

 

スクリーンショット 2014 04 07 23 36 29

 

ログインをクリック。

スクリーンショット 2014 04 06 22 39 26

My UQ IDが受付番号のこと。パスワードは契約時に設定した4桁の数字です。

 

スクリーンショット 2014 04 06 22 40 33

解約したいだけですが、My UQ上で自分の契約を管理をする為に、新規IDと新規パスワードの設定が必要となります。

 

スクリーンショット 2014 04 06 22 40 56

登録が完了すると、上の管理画面に行きます。左上のUQエンタメマーケットを選択します。

 

スクリーンショット 2014 04 06 22 41 51

左上のMyページを選択。

 

スクリーンショット 2014 04 06 22 42 01 1

すると、自動的に契約してしまっているオプションが表示されていました。オプションサービス詳細を選択。

 

スクリーンショット 2014 04 06 22 42 11

1つずつ選択して、「解約手続きに進む」をクリック。

 

スクリーンショット 2014 04 06 22 42 45

誘惑に負けず下にある解約をクリック。

 

スクリーンショット 2014 04 06 22 43 09

解約の申し込みをすると、Myページのステータスに「解約受付中」と表示されます。

 

しばらくすると、解約手続き完了のお知らせメールがオプションごとに届きます。これで解約できました。

 

まとめ

初月は無料だし、ちょっと利用してみて解約しよ、と思っているとうっかり次月に請求されちゃったりする危険があります。さっさと解約することをオススメします。

 

もちろん、必要な人は利用すればいいだけの話です。

 

個人的には、速度と端末の性能もそれなりに満足して契約したのに、やっぱりこういう「強制オプション」があると、イメージ悪くなっちゃいます。

 

まぁ、それはそれと割りきって普通にWiMAXを使っていこうと思います。