知ってるとかっこいい、iPhoneの操作を猛烈に加速させる7つ小技

via:Rami ™

本当にかっこいいかどうかは保証しないが、確実にiPhoneの操作をスピードアップさせる方法を紹介します。

・iPhoneの操作はだいたいスワイプで画面を前後できる

 

Photo 44 1

スワイプとは画面上を指でさっとスライドさせること。

例えば「設定」。いちいち左上に表示される前項目のボタンを押さなくてもスワイプで戻ることが出来る。

コツはディスプレイの端ぎりぎりから指を動かすこと。

 

僕がよく使うシチュエーションは「ミュージック」や「Safari」など。

特にSafariはウェブページを前後できるので、すごく便利に使える。大体のiPhoneの操作はこうしたスワイプでの「戻る」「進む」が可能。

 

また、アプリによってもこうしたスワイプ操作に対応しているものが多数あるが、アプリによってスワイプを開始する位置が若干前後したりする。

 

・Eメールの溜まった未読を一括で既読にする

 

Photo 34 2

Eメールは受信ボックスが溜まりやすく、こうして赤いバッジの数字がどんどん膨れ上がっていくのがうっとうしい。

これらを一気に「既読」にしてしまう方法がある。

 

Photo 35 5

受信ボックスを開き、右上の編集をタップ。

 

Photo 37 1

次に、左下の「すべてマーク」

 

Photo 38 1

そして「開封済みにする」とやれば、全部のメールが「既読」となり、赤いバッジはそのうち消える。

 

・キーボードの種類変更を一瞬で思った通りに

 

日本人にとってiPhoneのキーボード入力ほど辛いものはない。「日本語」「English」「絵文字」「ローマ字」などをいちいち切り替えなくてはいけないから。

 

そんな面倒なキーボード切り替えのストレスを減らす方法を紹介しよう。

Photo 32

 

Photo 31 2

この状態で使いたいキーボードに思い通りに変更できる。

また指を触れたままスライドさせてキーボードを選択することも可能。

 

・.jp、.comなどを一発で入力する方法

 

Photo 35 4

英語キーボードでドットを長押し。

 

Photo 34 1

これでドメインの入力がかなり捗る。「.jp」なら真上にあるので本当に一発で入力できる。

 

・マルチタスクは複数のアプリを一度に削除できる

 

Photo 46

1本の指じゃなくて3本使ってしまおう。

縦画面では3つまで同時にマルチタスクを削除できる。

 

画面の上部をダブルタップする一気にページトップまで戻れる

 

Photo 34 3

多くのアプリはダブルタップ。たまに一回タップするだけで上まで戻ってくれます。

 

ユーザー辞書にメールアドレスを登録しておく

 

設定→一般→キーボード→ユーザー辞書と進み、登録して下さい。

 

Photo 38 2

例えばこんな場面で、メールアドレス入力するのはすごく面倒くさい。

でも、ユーザー辞書登録しておけば、たった2文字入力するだけで済む。

これは是非、お試しあれ。