iPhoneのメールがiCloud.comで送信れてしまう場合の対処法

img:Carlos Torres

 

iPhoneを使用していて、相手からのメールは普通のメールに来るのになんで自分が送信するときは@iCloud.comで送信されてしまうのか?

 

その場合の対処法を紹介します。設定で普通のメールを常に送信元に使うように出来ます。

 

設定、メール/連絡先/カレンダー、とすすんで下さい。

 

Photo 36 5

デフォルトアカウントという項目を選択。

デフォルトとは予め設定してある状態のことです。ここで設定してあるメールアドレスが、自動的に送信元となります。

 

iCloud.comのメールアドレスを取得している場合(iCloudを利用すると自動的に取得しています)、勝手にそれがデフォルトアカウントになっているので、このような問題が発生します。

 

 

 

Photo 40 2

アカウントを選択せずに作成ボタンと押すと、自動的にデフォルトアカウントにっ設定してあるメールアドレスが送信元になります。

 

また「メール以外で作成されたメッセージはこのデフォルトアカウントから送信されます」と記載されています。

 

つまり、メールのアプリ以外、カメラロールなど他のアプリからメールを送信しようとした場合、自動的にここで設定してあるメールアドレスから送信されてしまいます。

 

メールアプリからアカウント選択して、メールを作成すればそのアカウントのアドレスが送信元となります。

 

Photo 41 2

デフォルトアカウントで、普段使用したいメールアドレスにチェックマークを付けて下さい。

これで問題は解決します。

 

また送信元を手動で切り替えることもできます。

 

 

Photo 38 5

差出人をタップ。

 

Photo 39 2

下にメールアドレスが複数表示されるので、使いたいアドレスを選択し、送信して下さい。