【iPhone】iCloudのバックアップと同期の違い ios8編

iPhoneの同期、バックアップを行う方法にはiTunesというものもありますが、ここではiCloudに絞ってお話をします。

iCloudとはクラウドサービスの一つです。インターネットに接続していればいつでもどこでもデータを引き出せるようになっているので、空に浮かんでいる雲をイメージして「クラウド」とよばれています。それのApple版がiCloudです。

iCloudには2つの異なった機能が備わっています。「同期」と「バックアップ」です。

iPhoneには連絡先や写真、カレンダー、アプリなどいろんなデータ項目があります。iCloudではそれぞれのデータ項目を管理しやすいように、同期で管理するのかバックアップしないといけないのか、機能が分かれています。

 

 

・iCloudの同期

iCloudで連絡先はバックアップしません。iCloudというAppleのサーバーを経由して常に「同期」しています。

なぜバックアップではなく「同期」なのか。
そもそもiCloudはiPhone、iPad、Macなど複数のApple製品を使う人がデータ管理しやすくするために誕生しました。

連絡先や最近とった写真、カレンダー、インターネットのお気に入りなどはiPhoneやiPadで同じに状態にした方が便利に使えたりするからです。

そこで、常に変更が加えられれば最新の状態に「同期」できるようにしてあるのです。
同期するためには、常にどこかにデータを置いておかなければいけないですよね?
だから連絡先など同期項目はiCloudというサーバー上に置いてあります。このiCloudという場所を経由して複数の製品にデータを反映させています。

 

Photo 39

 

ここに表示されている項目はバックアップではなく、同期によって管理されているものです。言い換えれば、バックアップしなくても、常に同期できる状態である、ということです。

 

では、もしiPhoneが壊れたときに連絡先のデータを戻す為にはどうしたらいいのか。
それはとっても簡単。

iPhoneの設定の中にあるiCloudという項目にメールアドレス(AppleID)とパスワードを使って、サインインすればOKです。

それだけで連絡先などiCloudの同期項目がiCloudから引き出すことができます。サインインしてものの数秒でデータが反映されます。

これはバックアップが作成されていなくてもできることです。
3G、4GまたはLTEで利用可能です。Wi-Fiじゃなくても同期可能で、自動的に同期されます。

「写真」という項目はフォトストリームという機能であり、これは他の端末へ写真を共有する、つまり「同期」させる機能です。これは30日間で直近の1,000枚までという制限があり、期間や枚数を超えると自動的に削除されます。

よって、ここで「写真」がオンになっているからといってバックアップされません。

写真は同期ではなく、写真はバックアップ項目になります。
しかし、ios8.1からはiCloudフォトライブラリという機能が加わりました。これはまだβ版の機能ですが、iCloudバックアップ機能とは別に写真だけの同期・バックアップ両方を兼ね備えています。

iCloudフォトライブラリについてはこちらの記事で詳しく書いてあるので参考にしてください。

iCloudの「同期」機能はiPhoneだけを使っていると便利さを感じにくいものです。ですが、複数のApple製品を所有するとものすごく便利な機能だと実感するでしょう。

 

・iCloudバックアップ

では、バックアップとはどういった機能か。
バックアップはある日時の時点でのiPhoneの状態をざっくりと、保存してくれます。
バックアップされる項目はこちら

各種設定や壁紙、アプリの配置まで復元できます。アプリの内容については保存されない場合があります。

 

Photo 42

バックアップは「決まった日時の時点」の状態なので、必ずしも最新の状態に戻せるわけではありません。

 

Photo 37

iCloudのトップ画面から、容量→ストレージを管理→このiPhone、と進むと上の画面になります。ここで「フォトライブラリ」がオンになっている状態でバックアップを作成すると、写真のバックアップができます。

バックアップをするにはWi-Fiが必要であり「バックアップを作成」というボタンを押す必要があります。ただし、一度作成すると、2回目からは「Wi-Fi接続」「充電ケーブルに接続」「画面がロックされている」という3つの条件が揃っていると1日1回自動的に行なってくれます。

 

・同期とバックアップ、結局どうやって使い分けるの?

答えは簡単、両方使う。

新しいiPhoneを買って、とりあえず連絡先やカレンダーなどを同期させたいなら、同期だけ使えばいいです。元どおりにしたいのであればバックアップを作成しておいて復元するだけです。

同期はiCloudにサインインするだけで、できます。バックアップからの復元は初期設定(アクティベーション)時にiCloudバックアップから復元を選択する必要があります。

初期設定を済ませたあとにバックアップから復元したい場合は、設定→一般→リセット→すべてのコンテンツと設定を消去→iPhoneを消去、と進みiPhoneを初期設定画面に戻せばできます。

 

※ この記事はあなたのデータを保証するものではありません。iPhoneの操作で、わかりにくいことをわかりやすく伝えられたら、という思いで書いています。