最速で知識を得る、KindlePaperwhiteで叶った生活

KindlePaperwhiteを購入し、大満足している。

やはり、フラットなディスプレイはとても読みやすい。そしてE-インクによる表示で、目が疲れない。

しかし、自分が最も言いたいのは、「即買い」出来るという点。

これは、電子書籍じゃなきゃ絶対にできない。
これこそが、自分の求めていた機能なのだ。

情報、書物に飢えていて、とにかく本を効率的によみたい。けど、普通のタブレットだと目が疲れる。

そんな考えでKindlePaperwhiteを購入した。

 

きっかけを失わない、だから最速で知識を得られる

知識というものが、ただ本を読んだだけで、簡単に身につくとは言わない。

本を読むという時間も紙とKindleでさほど変わりはないかもしれない。

ただ、本屋へ行くという時間のロスというのは、結構考えものである。

まず、本屋へ行く時間の捻出
そして本屋へ実際に向かうという行動
本屋へ着いたら、自分がほしいものを探すという行動
そして帰りの道のり

これは時間のロスだけではない、意欲もロスしてしまう。

この一連の行動の面倒くささの為に自分は本を読む機会をそれなりに失ってきたと思う。

金は出すから、とにかく本を読みたいと思う人間である。
金が有り余っているわけではないが、価値観として本を読むことにはそれなりに対価を支払える。

こんな人間である自分にとって「即買い」できるというメリットは最高なのである。

休みの日にあの本読みたかったな、と思った時、本屋へ出かけて買って帰ってくるのと、自宅で即ダウンロードできるのでは、その差はあまりにも大きい。

本を読む、というきっかけを失わないから、最速で知識が得られる。

 

意外にも外出中に読む機会が増えた

これは予想外だった、というかそういうつもりはなかった。
だが、試しに外に持ち歩いてみると、ちょっとしたスキマ時間で読書をするという行動がすごく快適に感じる

なぜかは分からない。

おそらく画面の性能のおかげで集中でき、環境に左右されにくいというのもあるし、

ブックカバーをつけるのは読みにくくなるから嫌、だけど自分が何を読んでいるか周囲の目につくのが気になる、

というのがなくなった、というのもあると思う。自分の場合は。

 

読むスピードが早くなった

これも画面の性能のおかげだと思うが、とにかく読むことに集中できる。

椅子に座る姿勢が疲れたら、寝転がって読むわけだが、それでも読みやすい。

紙の本を寝転がって読むとページをめくったり、片手で本を持ったりするのが疲れるし、本の構造上、どうしても曲がっているページを読むことになる。

しかし、Kindleではそれが起こらない。フラットな画面はどんな体制でもフラットなまま。

だから、集中力が弱くなってっもさらに読み進められる。

結果、より早いペースで読み終えてしまえる。

 

もっと早く買っとけばよかった…

自分の場合は、購入動機が「とにかく効率的に本を読みたい」だったので、

上記のような観点からの感想となった。

「即買い」は他のデバイスでも可能だが、やはり目に優しいいというのも

結果として効率的に読むのに一役買っていると思う。

ホントにもっと早く買っとけばよかった。