【意外と使える】iPhoneについてくるイヤホンのケースの使い方 実は超簡単

iPhoneなどに同梱されるイヤホン(Apple的にはイヤーポッズ、EarPods)が入っているケースの使い方を紹介します。この使用方法をしっていると意外と便利です。

一見、複雑な仕組みになっているように感じますが、実はめちゃくちゃ簡単に活用できますので、是非試してみてください。

Photo 11

まずは、イヤホンたる部分をはめ込みます。

この時点ではケーブルはまっすぐに、だらーんとなったままです。

Photo 12

ケーブルを真ん中の溝まで半周させます。2本まとめてです。

どっち向きにでもOKです。

Photo 1 5

真ん中の溝に沿ってリモート&マイクの部分をはめます。

Photo 8

あとはグルグルとケーブルを全体に巻き付けていきます。

Photo 1 6

これで完成。

Photo 14

ジャック部分を収めながら、透明のフタをパコッとはめてやってください。

Photo 1 8

素晴らしくキレイにイヤホンが収まってしまいます。

Photo 1 7

裏面にはAppleのロゴがちゃんと入っていて、いい感じ…じゃないですか?

Photo 1 9

このケースのフタですが、一応ツメがあって、ここがパコッとはまってくれます。

でも、耐久性は無さそうです。

 

で、どんな時に便利なの?

僕の場合は旅先などで、イヤホンが必要な時、こうしたケースに収納し持ってくとカバンに収めやすく、便利に使っています。

僕がこの純正イヤホンを使用するのはFaceTimeやSkypeでビデオ通話する時です。

そういうシーンでかなり使いやすくて重宝しています。

旅先でもそういう必要性があるので、その為に持ち歩き、活用しています。

 

また、屋外で音楽を聞くのは別のイヤホンを使用していますが、

静かな室内であればこの純正イヤホンで聞くのがちょうどよかったりします。

さすがに電車の中でこのケースから取り出して音楽を聞くっていうのは自分としてはないですが、

必要に応じてこうした収納をするのがいいと思っています。

 

どっかいっちゃったよ、って方は頑張って探してください笑

では!