Green Day「Macy’s Day Parade」 歌詞・和訳

Green DayのMacy’s Day Paradeを和訳しました。
メイシーズデイ・パレードはアメリカの大手デパートである、
メイシー(Macy)が感謝祭の時期にNYで開催するパレードで、毎年の恒例になっているそうです。

10863931874_8bbf757633_z

photo:Anthony Quintano

スクリーンショット 2014-12-12 19.12.21

人々がこぞってクリスマスプレゼントなどを購入するタイミングであり、
その街の情景を冷めた目で見ながら、自分の境遇を重ねて
歌にしたのがこの曲じゃないかと思います。

生ける屍=パレードのマスコットや参加者または買い物で群がる人々
棺=商品の派手なラッピング
霊屋=デパート、もしくは売り場

として考えていただけると理解しやすいかもしれません。


 

Green Day「Macy’s Day Parade」 の和訳

今日はメイシーズデイパレードの日
生ける屍がうろつき回る夜
請求に備えたクレジットを持って

そいつは生涯保証付きで
棺につめ込まれて、さらに10%お安くなんてね
霊屋の中で派手に売られてるのさ

俺に何か必要なものをくれよ
あんたが満足する保証がついたのでいいから
残念賞ってなんのことだよ
お手頃サイズにされた希望を夢見ることだろうな

ガキの頃はこんな風に考えていた
手にしていないものすべてが欲しいってね
ああ、険しすぎる道を知ってしまったもんだ

それで気がついたのは
泥棒とイカサマの違いしか語れない自分がいるってこと
君と俺との教訓だよ

俺に必要な何かをくれよ
満足することが保証された…

だって俺は真新しい希望に思いを馳せているから
考えもしなかったことだけど
今なら分かる
俺が望んでいるのはそれだけだって

 

残念賞ってのは何なんだ?
お手頃サイズにされた希望を夢見ることだろうな
俺に必要な何かをくれよ
保証された満足なんて、くだらないよ

だって俺は真新しい希望を思うから
今まで考えもしなかったことだし
どこへ続くのかも知らないけど

そして俺は他にない道を考える
一度も歩いたことのない
どこに続くのか分からいような道

だから俺は真新しい希望のことを思うんだ
考えもしなかったことだけど
今は分かるから
俺が望んでいるすべてが、そこにあるって

 

Green Day「Macy’s Day Parade」の 歌詞

Today’s the Macy’s Day Parade
The night of the living dead is on its way
With a credit report for duty call

It’s a lifetime guarantee
Stuffed in a coffin 10% more free
Red light special at the mausoleum

Give me something that I need
Satisfaction guaranteed to you
What’s the consolation prize?
Economy sized dreams of hope

When I was a kid I thought
I wanted all the things that I haven’t got
Oh. I learned the hardest way

Then I realized what it took
To tell the difference between
Thieves and crooks
A lesson learned to me and you

Give me something that I need
Satisfaction guaranteed

Because I’m thinking about
A brand new hope
The one I’ve never known
Cause now I know
It’s all that I wanted

What’s the consolation prize?
Economy sized dreams of hope
Give me something that I need
Satisfaction guaranteed

Because I’m thinking about
A brand new hope
The one I’ve never known
And where it goes

And I’m thinking about
The only road
The one I’ve never known
And where it goes

And I’m thinking about
A brand new hope
The one I’ve never known
Cause now I know
It’s all that I wanted

 

訳してみて…

おおざっぱに言うと、大人になってそれなりに物は手に入れることが出来るようになってけど、求めているのはそれじゃないって、自分の人生と世間の光景に違和感を感じている、てことかと。

請求、クレジット(支払いの信用)、生涯保証、満足の保証、エコノミーサイズ(徳用サイズ)、そんな物欲や購買についての言葉と、希望、夢とかの言葉がミックスして流れてくるのがいいです。

コーラスでは希望を持つじゃなくて、
I’m thinking about…
「希望について思う」「希望のことを考える」
ってなっているのが気に入ってます。

ガツガツして、大げさな世間とちょっと距離をおいて
静かに自分のことを考える、みたいな。

そんな感じで聞いてます。